栄養療法について

栄養療法について栄養療法とは、ビタミンやミネラルなど人間が健康に生活するために必要な栄養を、検査に基づき再適量補充することによってその方の身体が持つ力を最大限に引き出し、健康になれるようにする治療法です。

この治療法による効果はとても幅広く、頭痛、めまい、肩こりなどの症状を解消することができるのをはじめ、うつ病や統合失調症、高脂血症(脂質代謝異常)や糖尿病などの生活習慣病、そしてガンなどにも効果があると言われています。

当クリニックでは、血液検査を中心とした検査結果に基づき、患者さん一人ひとりの状態に応じて、栄養指導やサプリメントを用いた治療を行います。従来の対症療法とは全く異なる根本治療であるだけでなく、副作用もほとんどありません。

健康に対する栄養療法アプローチ

従来医療では対症療法を行うだけだった、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患、うつ病や慢性的な頭痛・めまいなどに対し、根本治療を行います。逆に言えば、体全体の調子が悪いのにアトピーだけが治る、などということはありません。当クリニックでは、体全体の調子を上げつつ、その一貫として気になる症状を改善していきます。

美容に対する栄養療法アプローチ

健康にならずして美しくなることはできない、「美は健康である」と、当クリニックは断言します。レーザーで一時的にシミを取ったとしても、皮膚や全身の状態が悪いままであればまた別のところに再発してしまいますし、シワなども増えてイタチごっこになってしまいます。栄養療法で、身体の中から美しいカラダを作りましょう。

食物アレルギーについて

皆さんは「アレルギー」というと、どんな症状を思い浮かべますか?そばやエビなどを食べると、数十分、早い時は数秒で、じんましんがでたり、ひどい時は呼吸困難になったりする怖い疾患、というイメージを持たれていると思います。しかし、アレルギーはこのような症状だけではなく、数日たってから肩こり、うつ、アトピーなど、様々な症状を引き起こす可能性があるのです。

これらは、「遅延型アレルギー」と呼ばれ、前者の「即時型アレルギー」と違い、IgGやIgAという抗体が引き起こすものであることが分かって来ました。

とはいえ、これらの症状が何が原因で起こっているのかを知るのは簡単ではありません。原因となるものを触ったり食べたりしたあと比較的短時間で症状が出る即時型アレルギーにくらべ、数時間から数日後に症状が出てくる遅延型アレルギーの場合、その関連を知ることはかなり困難です。このため、96種類の多岐に渡る食物に対してアレルギーがあるかどうか調べる「遅延型アレルギー検査」が作られました。

この検査で、私たちの生活に身近な様々な食物について遅延型アレルギーがあるかどうか、ある場合はどの程度の強さなのかがわかります。原因が分かればそれを治療することができますが、調べないとわからないものなので、体調が悪いと感じられている方々は、ぜひ一度検査を受けられることをお勧めします。

こんな疾患に効果があります

うつ 高血圧 高脂血症 アトピー性皮膚炎
自律神経失調症 PMS(月経前症候群) 月経後症候群 更年期障害
アレルギー 喘息

診療の流れ

STEP01
問診・採血により、治療前の栄養状態を正確に把握します。
STEP02
検査結果をご説明し、それぞれの患者さまに不足している栄養の補充を開始します。
STEP03
症状・状態の変化をモニタリングしながら、3~4ヶ月に一度検査を行います。

料金表

※当院は完全自費診療(保険診療外)です。

栄養療法検査 18,000円 血液検査で70項目以上を調べて、不足している栄養素を補うことで体調の改善を図ります
栄養はホルモン分泌の材料に必要なので大切な検査です
一般的な栄養療法検査にビタミンD、NTX(骨粗鬆症マーカー)検査も含みます ※筋肉量検査(INBODY)も含む
アラカルト栄養療法検査 1,500円 栄養1項目あたり ※手技料として別途2,500円(税別)頂戴します

(※全て税抜価格)