気付かれにくいのですが、男性にも更年期障害は起こります。

以前に比べて疲れが取れにくい、好きだった趣味が楽しく感じない、集中力が続かない、通勤電車で立っているのが辛い、女性に対するトキメキが感じられなくなった、性欲が落ちた…などの変化はありませんか。
最近感じている何気ない心身の不調はテストステロン不足からきている男性更年期障害かもしれません。
自己判断せず早目に専門病院を受診してください。検査を行い、正確な身体の状態を把握して治療を開始しましょう。

当院の「男性更年期専門外来」では、ナチュラルホルモン補充療法を用いて治療をいたします。
カウンセリングをもとに検査、診察をし、患者様のペースに合わせて治療を進めてまいります。

男性更年期障害とは

男性更年期障害とは男性ホルモンであるテストステロンが大きく影響しています。
テストステロンとは、主に副腎や精巣などから分泌される男性ホルモンの一つであり「男性の活力の源」でもあります。

25歳頃をピークに年齢とともに緩やかに低下し50歳ぐらいになると分泌量がピーク時の約1/2にまで減少します。

このテストステロン量が低下すると「男性更年期」を招きます。
筋力や持久力、運動能力が低下し、治癒力も筋肉量も骨密度、性欲や性機能も低下します。さらに、コレステロール値が上昇し、皮膚の萎縮やうつ症状も現れます。

女性の更年期障害は2〜3年の間に急激にホルモンが低下し、女性ホルモンが下がりきると体調が安定し「治った」状態になりますが、男性の場合、テストステロンは低下し続けるため男性は自分の更年期を自覚しにくく、長い間症状が続くこともあります。

血液検査でご自分のテストステロンがどの程度低下しているかが分かりますが、どこまで下がれば症状が出るのかは個人差があるため、自覚症状も大切な指標になります。

こんな症状があてはまる方は男性更年期障害を疑いましょう

身体の症状

疲れが取れない 筋肉量が減ってきた 頻尿 寝つきが悪い
ほてり・発汗 お腹周りに脂肪が
ついてきた
動悸や息切れが多くなった

精神の症状

やる気が起きない 集中力が続かない 理由なく不安になる 理由なくイライラする
趣味が楽しくなくなった 仕事でのミスや
物忘れが増えた
食欲が減った

性の症状

朝勃ちの回数が減った 性欲がわかない 最後まで勃起を
維持しにくい
女性に対して興味が
わかなくなった

60歳からの「熟年期治療」

60代の熟年期に入ると、年代的にテストステロンがすでに低下し脳はその変化に合わせて少しずつ慣れようと徐々に適応していきます。 男性ホルモンも同様に、低下による症状に悩まされることがなかった人でもゆっくりと低下症状が現れるようになります。

40〜50代では、男性ホルモンの急激な減少によって引き起こされる自律神経障害やうつ的精神症状が強く出るのに対し、 60代からの熟年期では以下のような身体症状が強く見られます。

熟年期に出やすい症状

やる気・生活活力の減退 筋力・体力の低下 だるい 疲れやすい

こういった症状の改善にはホルモン検査でどのくらい低下しているのかを把握し、 最適量のテストステロンを適切な間隔で補充することで「元気」「やる気」「活力」も回復していきます。

皆様には生涯現役を目指し、体力・気力の維持、充実した楽しい日々を過ごして頂きたいと思います。

「テストステロン(男性ホルモン)」補充で期待できる効果

テストステロンを補充することで期待できるのは、心臓・脳・筋肉・骨・血管などの機能強化です。
体脂肪を減らし、筋肉量を増やし、運動能力を向上させます。
性欲や仕事へのバイタリティーを与え気分を改善し、自信も与えますので男性の活力・若々しさの象徴のホルモンといえます。

さらに、心血管疾患・高血圧・糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があるだけでなく、記憶力の改善にも効果があり男性の健康状態にも大きく影響を及ぼします。
心臓病・前立腺疾患・肥満・アルツハイマー型認知症の予防効果もあると考えられています。

診療の流れ

STEP01
問診・採血により、治療前のホルモンや栄養の状態を精密に把握します。
STEP02
検査結果をご説明し、必要なホルモン薬、サプリメントの補充を開始します。 ホルモン薬を埋込む「ナチュラルホルモンペレット療法」も治療可能です。
STEP03
患者様に最適な値になるまで定期的に検査を行い、その後は半年に1度、フォローアップの検査を行います。

料金表

※当院は完全自費診療(保険診療外)です。
※当クリニックでは、治療にナチュラルホルモン補充療法を用います。

ナチュラルホルモン補充療法 総合検査 45,000円 ホルモン10項目以上+栄養療法検査+ビタミンD+NTX(骨粗鬆症マーカー)+体組成検査+腫瘍マーカー ※ナチュラルホルモン補充療法ご希望の方は必須の検査 ※ナチュラルホルモン補充療法継続中は1年毎 ※男女で調べる項目数は同数
初年度諸経費 65,000円 ホルモン補充療法登録料、ホルモン薬管理料、簡単な相談等 ※初回検査後、治療開始される際に必要になります ※中止した場合のご返金は致し兼ねます
2年目以降の諸経費 50,000円
アラカルトホルモン検査 2,400円 ホルモン1項目あたり ※ホルモン値が安定するまで必要な項目のみ適宜検査を実施 ※手技料として別途2,500円(税別)頂戴します
総合ホルモン検査 25,000円 ホルモン10項目以上 ※ナチュラルホルモン補充療法治療中の方は必須
ホルモン+栄養検査セット 40,000円 ホルモン10項目以上+栄養療法検査 ※ホルモン補充療法中の方で適宜必要な場合

(※全て税抜価格)

同時に行うと効果が高まる治療