「アレルギー」と聞くと、ソバを食べて数分で出現するじんましんや呼吸困難などを思い起こされる方が多いと思います。
しかし、アレルギーには、数時間〜数日経って現れるものもあるのです。
これを、「遅延型アレルギー」といい、保険取扱医療機関では検査ができません(保険取扱医療機関で行うアレルギー検査は、「即時型アレルギー」の検査です。)

アレルギーについて

アレルギーについて

アレルギーとは、自分の免疫システムが過剰に働いた結果、自分の身体を傷つけてしまうことをいいます。
ソバなどに対するアレルギーや、アトピー性皮膚炎などが知られていて、これらは一般に「IgE」とよばれる抗体が関与しています。
しかし、これまでにはあまり知られていなかった、「遅延型アレルギー」とよばれる、反応が遅れて現れるものがあることが分かってきました。
これは、IgGやIgAといわれる抗体が関与していることがわかっています。

遅延型アレルギーが発生する原因は、偏った食生活や不適切な食生活、ストレス、遺伝性素因、感染と炎症、化学物質、薬物、環境汚染物質と毒素等です。こうした発生要因が消化や消化管および肺の防衛機能を弱めることにより、アレルゲン(アレルギーの素になる「抗原」)が免疫システムを攻撃しやすくなります。

出現する症状も多彩です。じんましんや鼻詰まりなど、即時型のアレルギーでも一般的なものに加え、頭痛、下痢・便秘、さらには体重増加や集中力不足、むくみ、不安感・疲労感などが現れてきます。

遅延型アレルギー検査が重要な理由

即時型アレルギーの代表格であるソバアレルギーなどなら、食後数分、早ければ数秒でアレルギー症状が出現してきます。
その症状も、じんましんや下痢・腹痛のような皮膚症状、消化器症状や、ひどい時には呼吸困難などの呼吸器症状などがありますが、皆さんが「アレルギー症状」と聞いて想像されるようなものが多いです。

つまり、何がアレルギーの原因かがわかりやすいのです。

一方で、遅延型アレルギーの場合は症状が多彩なうえ、症状の出てくるタイミングがとても遅いので、原因となる食物と出現した症状が結びつきにくい傾向があります。例えば、頭痛や肩こり、体重増加や不安感・疲労感などを感じても、それが数時間前や昨日食べた鶏卵が原因だとは、ほとんどの方が思われないでしょう。このため、遅延型アレルギーがあることにも気付かず、さらに症状を悪化させてしまうことになるのです。

したがって、この遅延型アレルギーがあるかどうかを知るためには、この遅延型アレルギー検査を受けていただく以外に方法がないのが実情なのです。

当クリニックの遅延型アレルギー検査とは

当クリニックでご提供している遅延型アレルギー検査は、日本人の食生活にお馴染みの乳製品、野菜、果物、肉、魚、ナッツ、穀類、緑茶、烏龍茶、コーヒー、スパイス、昆布などをバランスよく揃えた、96種類の日本人向け標準パネルです。
少量の血液採取だけで、数多くの抗原に反応している抗体の実際のレベルを正確に測定することができます。

また、当クリニックでは以下の2種類の遅延型アレルギー検査を行っています。

IgG抗体検査

慢性疲労、関節炎、じんましん、湿疹、頭痛、 水分貯留、過敏性腸症候群、その他、多くの慢性症状が、未治療のIgG抗体によるアレルギー反応でありながら、それに気づかれないまま放置されています。

遅延型タイプの反応は比較的目立たず、かつ、アレルゲンとの接触後数時間から数日経って初めて反応が出ることから、原因の特定がより困難です。遅延型反応は、多くの場合、食物アレルゲンに対する過敏性からきています。
このタイプのアレルギーは、よく「隠れアレルギー」と呼ばれます。

IgG抗体検査は、この隠れアレルギーの主な原因となるため、まず検査をされることをお勧めします。

IgA抗体検査

体内の気道や腸管などは、異物が入らないよう粘膜のバリアーで守られています。IgA抗体は、粘液の中へ分泌されバリアーとして重要な役割を果たしています。花粉が鼻の中に入ると、まず粘液で捕まえられます。IgA抗体は、それが逃げないようにしっかりと包み込み、鼻の中にある繊毛で、症状を起こすことなく、体外へ運び出します。

このように、IgA抗体は粘膜における免疫力の向上に重要な役割を果たしていますが、これがアレルギーの素になってしまうことがあります。

ちなみに、母乳、特に初乳には、IgA抗体が多く含まれています。新生児は、IgA抗体をほとんど持っておらず、生後7-8ヶ月頃から盛んに分泌されるようになり、3~4才くらいまでは増加し続けます。このことから、赤ちゃんは、母乳で育てたほうが良いといえます。また、離乳食は生後7-8ヶ月頃から与えるのがいいでしょう。

特に、IgA抗体があまり分泌されていない時期に、卵、牛乳、大豆などのアレルゲンを与えると、アレルギーを発症させる危険性があります。

IgG、IgAアレルギー検査は、あなたの食生活や環境から何を避ける必要があり、何を取り入れてよいのかを簡単に見出し、アレルギー反応を最小限に留め、あなたの身体に休息と回復の時間をもたらすお手伝いをします。

こんな症状が気になる方に

消化不良 吐き気 嘔吐 過敏性腸症候群
下痢 便秘 膨満感 頻尿
排尿時の激痛と
夜尿症(子供の場合)
極端な感情起伏 不安 ゆううつ
過食症 集中力不足 疲労 活動過多と
不機嫌(子供の場合)
耳感染 鼻詰まり 反復性の副鼻腔炎 頭痛
片頭痛 喘息 不規則な心拍 筋肉痛
関節痛 関節の炎症 関節リウマチ 水分貯留
体重増加 湿疹 じんましん 過剰発汗

検査の流れ

STEP01
ご予約:当クリニック窓口で予約をしてください。
STEP02
問診と採血:医師による問診の後、看護師が採血させていただきます。
STEP03
結果のご説明:約3週間以降に再度ご来院いただき、検査の結果についてご説明させていただきます。

料金表

※当院は完全自費診療(保険診療外)です。

食物アレルギー検査(IgG) 30,000円
食物アレルギー検査(IgA) 30,000円
食物アレルギー検査(IgG+IgAセット) 55,300円
食物アレルギー検査(IgG)+IgGカンジダ抗体 38,000円

(※全て税抜価格)