身体に悪影響を与える重金属とは

こんにちは、院長の藤森です。

column-20160823前回、身体に沈着している重金属を排出するキレーション療法についてお話ししました。

重金属(ミネラル)の種類は多く、微量ミネラルも合わせると100種類以上もあります。身体に有害な影響を与える重金属をピックアップして、それら体内に蓄積するとどのような悪影響があり得るのかをお伝えしたいと思います。

水銀

沈着の原因

水銀は大きく分けて2種類あります。

■有機水銀
魚介類や農薬、日本脳炎ワクチン、インフルエンザワクチン、ペンキ、殺菌剤、蛍光灯、毛染料などに含まれます。
非常に毒性が強く、水俣病の原因にもなった物質であり、90%は腸などの消化器から吸収され脳に蓄積しやすいとされています。

■無機水銀
自然界に存在するものが多く、虫歯の治療で使用されるアマルガム(現在はほとんど使用されていない)などは、有機水銀に比べて毒性は低いものの、体内で有機水銀に変わります。

厚生労働省では「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」の文書で摂取目安量を示しています。妊婦は1回約80gを週1−2回(1週間当たり80-160g程度) といった基準を設けて、魚介類からの水銀の過剰摂取について注意を促しています。

沈着により引き起こされる症状

手足のふるえ・しびれ・集中力低下・不眠・視力低下・疲労感・情緒不安定・頭痛・イライラ・うつ・脱毛・食欲減退・神経過敏・言語障害・呼吸障害・奇形児・記憶障害

沈着の原因

排気ガス、缶詰、有鉛ガソリン・殺虫剤・塗料・はんだ・油絵具・鉛菅の水道水・蓄電池・ヘアカラー、タバコなどに含まれています。

日本では1980年代末頃まで水道管の給水管新規工事には鉛管も使われていました。鉛菅が導入されていると、鉛イオンとして溶け出し、その水道水を長期間飲むことで体内に鉛が蓄積され鉛中毒になる場合もあります。日本においては、塩ビ管やステンレス鋼管の普及・採用により、平成7年に全面禁止され新しい水道管に鉛管が使われることはありません。

沈着により引き起こされる症状

貧血・不安感・めまい・疲労感・うつ・イライラ感・免疫低下・骨や筋肉の痛み・頭痛・発ガン

ヒ素

沈着の原因

殺虫剤・除草剤・防腐剤・農薬・ひじき・わかめなどの海藻類・農薬がついた野菜・果物などに含まれています。

土壌鉱物からヒ素が溶け出し、地下水を汚染していることがあります。この問題は特にバングラデシュで深刻ですが、日本でも地下水からヒ素が検出されているところがあります。かつて島根県笹ヶ谷鉱山の公害や宮崎県の土呂久砒素公害などで問題になりました。最近では、和歌山毒物カレー事件でも使われたことで有名です。

沈着により引き起こされる症状

嘔吐・下痢・疲労感・手足のしびれ・皮膚障害・神経症状・胃腸障害・色素沈着

最後に・・・
知らず知らずのうちに体内に取り込んでいる重金属は、体外に排出されにくいため健康障害を及ぼします。
いつまでも健康でいるためにもキレーション療法で排出し、身体に必要な栄養素をサプリメントや食事でしっかり補給して身体の内側からの健康になりましょう。