身体に溜まった重金属を取り除く“キレーション治療”

こんにちは、院長の藤森です。

梅雨も明け、夏本番に突入して蒸暑さでやる気も集中力の維持も難しくなっている方も多いと思います。もしかしたら暑さのせいだけでなく、身体に溜まった有害重金属の影響かもしれません。

身体に良い「ミネラル」と健康障害を引き起こす「ミネラル」

「ミネラル」と聞くとどんなイメージが浮かびますか?
五大栄養素の一つなので身体によい働きをしてくれるものと思った方も多いと思います。
しかし、ミネラルの中でも「亜鉛」「マグネシウム」「鉄分」「カルシウム」のように大事なものもあれば、取り込むことで不調を引き起こす有害なミネラルもあるのです。その代表的なものは「水銀」「鉛」「ヒ素」「カドミウム」「アルミニウム」などです。

これらの重金属は一度体内に取り込まれると容易には排泄されません。蓄積すると、活性酸素を発生させたり神経細胞を萎縮させたりします。その影響で手足のしびれ、不眠、アトピー性皮膚炎、脱毛、肺疾患、動脈硬化症、頭痛、うつなど、様々な健康障害を起こす原因となっていることが少なくありません。

たった0.2gの爪で重金属検査が可能

column-20160727自分の身体の中に重金属がどれだけ蓄積しているか、除去の必要があるのかを知るにはどうしたら良いのでしょうか。
当院では両手指10本の爪を1mmほど切り、0.2g程集めて調べる「爪重金属ミネラル検査」があります。36種類の金属を分析することが可能で、2週間ほどで結果が出ます。

有害重金属を排出する「キレーション療法」

重金属の蓄積が認められた場合、どのようにしたらよいのでしょうか。
蓄積している重金属の種類にもよりますが、「キレート剤」とよばれる重金属に結合しやすい物質を使って、身体の外に排出します。

排出時に「亜鉛」「カルシウム」といった、身体に必要なミネラルも排出されてしまうので、その分はサプリメントで補いながら治療を行います。

当院の『キレーション療法』は内服薬により徐々に排出させますので身体に負担のない方法です。

原因不明の体調不良を感じていらっしゃる方はぜひご相談ください。