うつは誰にでも発症する可能性があります。
うつ病は皆同じ症状ではなく、様々なタイプに分けられます。何かいつもより気分がすぐれない、物事に対してなぜかやる気が起きないということは誰にでもよくあることです。

しかしそれが一週間以上続いたり、だんだん憂うつになったり、不安、イライラ、眠れない、食欲がない、頭が回らない、焦りが強い、などの症状が伴う場合は、「単なる気分の問題」「気の持ちよう」ではなく、うつ病の可能性を疑ってもよいでしょう。
一般的に言われるように「うつは脳の病気であるから薬を必ず服用し、充分に休めば必ず治る」というのは真実ではありません。

例えば、うつ病には幼少期からの外傷体験などが元で、発症に至るケースもあります。
その場合、苦痛の元となっている心の原因を処理して健康的な心の状態に変えなければなりません。
どれだけ休養、薬を服用しても、ストレスがかかるたびに何度も繰り返してしまい根治しないのです。

うつうつ病を繰り返すたびに自尊心が低下し、また薬物が増量されて副作用に苦しむようになっている人が年々増えているように感じます。
うつ病の治療は、抗うつ薬を中心とした薬物療法が主体ですが、何よりも信頼できる医師に相談することが大切です。

身近な人間のうつ病の可能性に周囲が気づいたとき、「うつ気分のせいで医療受診に気が進まない」と本人が一番感じているということを周りが自覚し、念頭におきながら受診を勧める必要があります。

もちろん、うつ病は心身の疲労状態ですから休養をとることはとても大切です。
仕事のペースを落としたり、休暇をとったり、場合によっては入院したりすることも必要です。何よりも、早期発見・早期治療が大切です。
心身の不調に気付いたら、まずは当クリニックにご相談ください。

生活の中で気をつけること

  • 生活のリズムを整える
  • オーバーペースにならないようにする
  • 不眠が続けば、うつ病の可能性を考える
  • 決して一人で考え込まない、誰かに相談する
  • 1つの事に固執しない、運動やスポーツで気分転換をする
  • 有効な治療薬もあるが基本は「服薬」と「休息」である

代表的なうつの症状

  • 集中力、注意力、決断力、思考力の低下
  • 自己評価と自信の低下
  • “自分は悪い人間である” “自分には価値がない”という勝手な思い込み
  • 物事を悪い方向ばかりに考えてしまう
  • 将来に対する悲観的な見え方
  • 睡眠障害
  • 食欲減退
  • 性欲の減退
  • 死にたいという観念

うつの治療