更年期障害とは

更年期障害「更年期障害」とは、加齢による女性ホルモン量の減少により引き起こされる、一種の自律神経失調症状です。
代表的な症状としては、顔のほてり、突然の発汗、手足の冷え、睡眠障害、動悸、憂うつ、精神不安定、不安、意欲低下、記憶力減退などです。ただ、この症状は個人差が大きく多種多様で、症状の強さも千差万別です。

ちなみに、よく聞く「更年期」とは、閉経(永久的に月経がなくなること)の前後10年間くらいを指します。日本人は45歳から55歳前後に閉経を迎える方が多いようです。

プレ更年期について

あまり知られていませんが、更年期は閉経前後の10年間と考えられているのに対し、それより以前、30代後半から更年期症状のようなものが出現してくることがあります。
この症状を、「プレ更年期」と呼んでいます。

具体的な症状としては、慢性疲労やうつ、体重の増加、頭痛、理由の分からない不安、そして性欲減退などです。そして、子宮筋腫や子宮内膜症のリスクが増加します。

プレ更年期は主にプロゲステロン(黄体ホルモン)の減少によって起こると考えられています。プロゲステロンはエストロゲンよりも先に減少を始め、まだエストロゲン量が保たれて生理がある段階でも(無排卵月経などにより)ほとんど分泌されなくなってしまいます。これにより相対的にエストロゲン過剰、プロゲステロン不足な状態になり、プレ更年期の症状が出現します。

この状態に陥りやすい女性の特徴として、日々ストレスを抱えていることが多いこと、甘いものを多く摂取することなどが挙げられます。

主な症状

顔のほてり 突然の発汗 手足の冷え 睡眠障害
動悸 憂うつ 精神不安定 不安
意欲低下 記憶力減退

更年期障害の原因・対処法

更年期障害自体は特別なものではありません。みなさんの人生の中で「○○期」と呼ばれる期間を何度か体験します。その中で、性ホルモン分泌の急激な変化が起こるのが、10代の思春期と、40−50代の更年期です。

ほとんどの女性が思春期を無事に乗り越えることができるのと同じように、最終的には更年期も乗り越えることができます。
しかし、10年近くを調子が悪いまま過ごす必要はありません。

足りなくなってきた体内のホルモンと同じものを補充するナチュラルホルモン補充療法なら、ガンや血栓などリスクを増やすことなく、不快な症状を抑えることができます。
また、閉経後にエストロゲン・プロゲステロンがほとんどなくなってしまうことにより進行する、動脈硬化や心筋梗塞などの心血管疾患や骨粗しょう症、脳の働きの減退や肌や髪の衰えなども予防しましょう。

診断

治療にはホルモン薬や栄養サプリメントが有効ですが、30代でも更年期の症状があれば、まずは信頼できるドクターに相談することが大事です。

更年期障害に関連するコラムページ